2008年04月14日

2008年度第1回韓国OPI研究会定例会報告

日時:2008年4月5日(土)10:15~12:30(受付 10:00~)

場所:時事日本語学院 鐘路第2キャンパス(Testmate)302号室

参加者:(会員)13名(見学者)2名〈新会員登録〉          合計15名

【定例会内容】

1.10:15~11:10 テープ判定1と討論
(テープ提供:テスター 長谷川由美先生・資料有)
(討論司会:迫田亜希子先生)
長谷川先生がテスター資格取得のために練習ラウンドに提出したテープ。判定が明らかになっているもの(齋藤眞理子トレーナー承認済)。全員で判定を行う。有資格者が超か上-上と判定、未資格者や見学者もほぼ超から上の間を判定。長谷川先生から、提出時に上-上として提出をしたが、齋藤トレーナーからは超の判定を受けたものと説明を受ける。判定上における超と上-上の相違点について討論が行われた。様々な話題にもスムーズに対応できる口頭能力、社会的な質問に対しても意見や仮定の抽出が見られる等から、超級の実力を有していると判断されるとのことだった。ロールプレイにおける敬語の抽出が少し明確ではなかったが、全体を通して敬語はでていたのではないだろうか、という意見も出た。30分という時間の中でも多くの話題があり、また、一つの話題から医療問題、教育問題、社会問題へと内容を深く発展させていくというOPIのスパイラルがよくわかるインタビュー構成は、超級者へのインタビュー例としてよい見本になった。

2.11:10~11:20 休憩

3.11:20~12:15 テープ判定2と討論
(テープ提供:8期 稲田朋晃先生・文字起こし資料有)
(討論司会:松崎恭子先生)
稲田先生がテスター資格取得のために練習ラウンドに提出したテープ。判定が明らかになっているもの(牧野成一トレーナーの承認済)。全員で判定を行う。有資格者・未資格者も同様に、上-中から中の間まで、判定が分かれたテープだった。稲田先生から、提出時に上-中として提出したが、牧野トレーナーからは上-下の判定を受けたものと説明を受ける。上位レベルの判定(テキストの型の明確な判断)と下位レベルの抽出方法と判定(一段階上のタスク達成度)について、一同再確認と討論が行われた。韓国人学習者に多い一文が長い話し方と段落の考え方、テキストの型と正確性(内容のわかりやすさや文法ミス)の相反をどう判定するか等、インタビューでの抽出方法や判定の難しさを具体的に提示された有意義なテープであった。

4.12:15~12:30 総会(総会資料は添付ファイル参照)
(1)2007年度報告
   ※ワークショップ8期生による活発な勉強会の実施状況について、8期生の稲田先
生から直接報告をいただく。テスター資格取得過程(テープ提出)も順調に進行。
(2)2008年度計画
(3)2007年度会計報告
(4)会員継続登録(名簿記載と2008年度会費納入の依頼)

【最後に】
新年度にあたって、今回から定例会におけるテープ討論の司会を会員の方にお願いしました。また、今年度の定例会では、テープ判定だけでなくRPカードの検討といったOPIに関する研究等も行っていきたいと考えています。テスターの増加、OPIやOPI的手法への関心やニーズが高まっている中、韓国OPI研究会が、個々の会員のOPI研究のスキルアップの場になるようにと思っております。

20080412 文責 早矢仕


同じカテゴリー(定例会)の記事
 2020年度 第3回定例会のご案内 (2020-10-27 17:43)
 2020年度 第2回定例会報告 (2020-06-25 09:56)
 2019年 韓国OPI研究会 第3回定例会報告 (2019-09-29 13:58)
 2018年第3回定例会報告書 (2018-09-16 16:20)
 2018年第1回定例会報告書 (2018-04-08 17:07)
 2016年 第4回定例会報告書 (2017-02-02 21:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
オーナーへメッセージ
インフォメーション
削除
2008年度第1回韓国OPI研究会定例会報告
    コメント(0)