スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2020年06月25日

2020年度 第2回定例会報告

2020年度 第2回定例会報告書
日時:2020年6月20日(土) 10:30~12:50
Zoom開催
参加者:11人(韓国:8名、日本:1名、ドイツ:1名、タイ1名)

定例会 内容
10:30~10:35 挨拶(迫田先生)
10:35~11:45 テープ判定及びディスカッション(テープ提供:小島先生、司会:迫田先生)

判定は、中級-上、中級-中、中級-下の中で分かれ、中級-上または中級-中と判定した方が多かった。
【判定根拠】
・発話量は多いが、文と文のつながりがなく、段落の維持ができていない。
・上級レベルのタスクを遂行するための文法や語彙が不十分であり、詳細の説明や描写ができていなかった。
・韓国語を知っている人なら理解はできるが、外来語の発音が母語の影響を受けており、わかりにくかった。(例:ワーキングホリデー、フライパンなどの発音)
・自分の出身地を説明できるといった上級のタスクが達成されている部分も一部あった。

11:45~11:55 休憩

11:55~12:40 研究発表及び質疑応答
研究タイトル:「韓国におけるOPI関連の論文について」
発表者:迫田亜希子、小島堅嗣、川口慶子、後藤歩

【発表内容】
1.OPIについて
2.考察方法
3.考察内容
 3-1 年代別分析(川口先生)
    2007年、2008年、2011年、2012年、2019年に比較的多くの論文が発行されている。この背景には、1999年にKYコーパスが公開され、2000年代になりコーパスによる数量的な研究が急増してきたこと、また2008年にはタグ付きKYコーパスも公開されたことが挙げられ、この影響で研究数が増えたのではないかと考えられる。
 3-2 学術誌別など(後藤)
    学術誌別に論文数を見てみると、韓国日語教育学会が11編で多く、次いで学位論文(修士)8編と続いている。また論文の中でOPIがどのように関連しているかについて分析したところ、KYコーパスなどのコーパスを論文中に使用または言及しているものが全体の45%を占め、次いで論文の著者が実際にOPIを行い、そのデータを分析した論文が18%を占めているという結果になった。
 3-3 著者別分析(迫田先生)
    論文著者の割合は、韓国人著者35編(50%)、日本人著者33編(49%)、韓国人・日本人共著1編(1%)の順になっている。研究分野を見てみると、韓国人著者の場合は、コーパス研究や習得研究が過半数を占め、日本人著者の場合は韓国の傾向に類似しているが、「その他」の研究が多いことが特徴として挙げられる。また、2010年前後を境にコーパス研究が出現し始めるが、これはKYコーパスを始めとするコーパスが電子データとして提供されたことが影響しているのではないかと思われる。
4.今後の課題(小島先生)
    これからOPI関連の論文で注力されるべき研究テーマとしては、「縦断研究」「年少者研究」「ロールプレイに着目した研究」「テスター側に焦点を当てた研究」「他試験との関連性を明らかにする研究」「統計的分析に基づいた研究」などが挙げられる。また、本研究の今後の課題としては、研究分野のカテゴリーの再検討、検索語を増やすかどうかなどが挙げられ、今後さらに研究を深めていく必要がある。

【フロアから出た質問やコメント】
・OPIのやり方を実際に日本語教育に導入した研究はあるのか。
・日本で発刊された論文で、韓国人母語話者を扱ったOPI研究の位置はどうなるのか。
・分類の仕方はどこを目指すのか。論文を実際に読み込んで、さらに細かいカテゴライズをする必要がある。
・検索項目を「OPI」からさらに広める必要性(KYコーパス、コーパスなど)がある。
・地方などの小さな学会で発行された学会誌まで検索する必要性がある。

12:45~12:50 挨拶(迫田先生)

 今回も、2020年度第1回定例会に続き、Zoomでの開催となりました。オフラインで定例会を進めていくことがなかなか難しい情勢ですが、オンラインで開催することで韓国のみならず日本やドイツ、タイなどからも参加していただき、充実した定例会になったのではないかと思います。
 また、定例会の後半部分で行った研究発表についても多くの質問やコメントを頂きました。ありがとうございます。先生方からいただいたアドバイスをもとに今後も研究を進めていきたいと思います。
 第3回定例会は9月頃を予定しております。次回もぜひご参加ください。

【文責:後藤歩】  


Posted by J-OPI-K at 09:56Comments(0)定例会

2019年09月29日

2019年 韓国OPI研究会 第3回定例会報告

2019年度 韓国OPI研究会 第3回定例会報告

日時:2019年9月28日(土)11:00-13:30(10:45分 受付開始)
場所:崇實大学校 ジンリ館 11305号室
参加者:12名(現地参加者 10名、スカイプ・カカオトーク参加者2名)
内容:
 11:00 - 11:10 OPIに関する理論説明(迫田)
 11:10 - 12:10 テープ判定およびディスカッション(1)【上級-下テープ】
 (司会:迫田)
 レベル判定では、中級-上から上級-中の間での判定となっていた。判定根拠は、以下の通り。

レベル判定:中級-上4人、上級-下 3人、上級-中 3人
判定根拠:
 ・上級のタスクは答えられていたものの、質が低いため上-上ではないと
  判断。
 ・超級のタスクでは崩れが見られ、抽象的な話ができず、個人レベルの答えに
  なってしまうこと、敬語の出来が悪いことから、上-下と判断。
 ・超級タスクになると、自分レベルでの話はできるが、それ以上はできず、逃げ
  ている印象を受けた。
 ・語彙が少なく、複段落が維持できていなかった、身近なトピックでも詳しく話せ
  ておらず、上級が維持できてない。
 ・語彙が足りず、描写も弱く、しどろもどろの答えになっていた

 また、「日本で一番印象に残っている(原宿)」に関する質問の可能性についても議論を行い、質問形式について意見を共有した。

12:10-12:20 休憩

12:20 - 13:20 テープ判定およびディスカッション(2)【初級-上テープ】
 (司会:小島先生)
 レベル判定では、初級-下から中級-下の間での判定となっていた。判定根拠は、以下の通り。

レベル判定: 初級-中1人、初級-上2人、中級-下3人   
判定根拠:
 ・単語が終わっているものが多いが、文が出ているところもある
 ・短くはあるが、文で答えられている
 ・文がどの程度維持でいているかがポイントとなる。
 ・決まり文句、定型表現は言えているが、その他の文は安定していなかった。
 ・単語や表現の組み換え、組み合わせは出来ていなかった。
 ・時制をコントロールできていなかった。
 ・単語レベルでの出方が多く見られた。
 ・テスターの話す単語の意味が理解出来ていなかったが、挫折とみなすのか。

13:20-13:30 お知らせ(迫田)
 (1)韓国OPI研究会20周年記念食事会、第14回OPI試験管養成ソウル
  ワークショップの開催報告

 (2)今年の韓国OPI研究会関連の活動および流れ

 (3)日本語プロフィシェンシー研究学会 国際大会@大連
  (2019年11月2日、3日)

 (4)2019年 第4回定例会予定 (2019年11月23日(土)テジョンまたはチョナン、
  地方開催予定)

 (5)韓国日語教育学会@祥明大 韓国OPI研究会 企画発表
  (2019年12月7日(土))

 次回は、テジョンまたはチョナンにて、定例会の地方開催を予定しております。詳細が決定しましたら、ホームページにてご案内いたします。どうぞお気軽にご参加いただきますよう宜しくお願い致します。

文責 迫田亜希子
  


Posted by J-OPI-K at 13:58Comments(0)定例会

2018年09月16日

2018年第3回定例会報告書

2018年第3回定例会報告書

 日時:9月8日(土)10:00~13:00(10:15 受付開始)
 場所:ハナ銀行多文化センター 多隣(タリン)
参加者:11名


<定例会内容>

(1)10:35-10:45 OPIの理論に関する説明(司会:迫田)
OPIとは何か、OPIで判定する各レベルの特徴やインタビューの流れについて、簡単に説明を行った。

(2)10:45-11:45 テープ判定(テープ提供:小島堅嗣先生 司会:後藤歩先生)
小島先生が本番ラウンド(認定ラウンド)において提出されたテープを参加者で聞き、レベルの判定を行った。今回は、最初に少し個人で考え、レベルと根拠について整理した上でグループでの話し合いを行い、意見交換を行った。

◆レベル判定(研究会スタッフを除く)
    超級…4名
 上級-上…3名

◆判定理由
超級
・長く話している部分が副段落として認められ、複段落のレベルで話すことが出来ていた。
 ・説得力のある話し方であった。
 ・ロールプレイの際、芸能人を相手にしたインタビューであったせいか、ラフな話し方をしており、敬語の出方も弱く、フォーマルな話し方として認められるか疑問だった。フォーマルな話し方が出るよう促せるような状況の設定が必要。

上-上
・最初の印象は上-上以上だったと思ったが、詳細な説明が不足したりずれていたりした部分があったのが気になった。
・公式的に使用されるものとしては、認め難かった。
・幅広い話題には対応出来ていた。
・自分の興味や関心のあるものから一般論まで話が出来ていた

◆結果-超級
 小島先生も「超級」の判定で提出。トレーナーの牧野先生からも「超級の条件を満たされており、更に目立った挫折が見られない」ということで、判定結果が一致していたとのことであった。

(3)12:00-12:30 トリプルパンチ再考(司会:小島堅嗣先生)
 テープ判定で扱った被験者のデータを用いて、突き上げの一つである「トリプルパンチ」について取り上げた。まず、トリプルパンチについて説明があり、インタビューに現れたトリプルパンチの実例を確認した後、インタビューのテーマを設定し、実際に2名でトリプルパンチを行った。テスター・被験者の両役割をそれぞれ行ったが、以下のような意見が出ていた。

 ・テープでインタビューを聞くのと、実際に自分でやってみるのとではギャップが大きく、とても難しいタスクであることが分かった。
 ・相手の意見に反論することが難しかった。
 ・質問の仕方や反応の仕方が難しかった。
 ・1回目に比べ、2回目の方が若干やりやすかったものの、逆に質問の範囲を広げてしまい、質問の範囲の幅を決めるのが難しかった。
 
(4)12:30-12:40 研究助成プロジェクトの研究中間報告(発表:山中峰夫先生、後藤歩先生)
 今年5月に全北大学校で行われた「第4次産業革命時代の日本学研究」において発表された内容を、一部ご紹介いただいた。(1)テスター間の判定差異はどの部分か(2)テスター間の判定における信頼性向上の方策は何か、の2点を研究目的として行われており、5名の被験者のデータについてテスター3名が判定を行った結果および分析結果についてご説明いただいた。また、今後の研究方針として、エクセルで設定したフォームに文字起こしを行い、更に細かく分析を行うこと、テスター間におけるマニュアルの解釈の差を埋めることなどが挙げられていた。

(5)12:40-13:05 斎藤麻子先生のご挨拶
 この度、お勤めになられていた大学をご退官なさった斎藤麻子先生に、「韓国OPI研究会 最初の頃の活動を振り返って」というタイトルでお話を伺った。
 まず、韓国における日本語教育の始まりと発展、そして日本に関連する学会の設立、研究の拡大についてお話を伺った。そして、日本語OPIテスター養成ワークショップが日本・韓国・欧州でどのように開催されてきたか、韓国OPI研究会の発足とこれまで行われてきた活動や研究会主催での初めてのワークショップ開催の時のお話について、とても丁寧にご説明いただいた。最後に、OPIの良さ、そして研究会の今後の課題についてアドバイスをいただいた。

(6)13:05-13:15 お知らせ
 来年2019年の夏にOPIワークショップが開催されることが決定したこと、ご担当くださるトレーナー、開催日時、募集人数、参加費用について説明を行った。

<文責 迫田>  


Posted by J-OPI-K at 16:20Comments(0)定例会

2018年04月08日

2018年第1回定例会報告書

2018年第1回定例会報告書

日程:2018年4月7日(土)10:30~12:30(10:15 受付開始)
場所:ハナ銀行多文化センター、タリン(多隣)第一会議室
参加者:6名

内容:
10:30~10:40 2018年度の運営委員あいさつ
(会長:迫田亜希子先生、副会長/広報担当:小島堅嗣、
会計:後藤歩先生。永田沙織先生は現在日本滞在中)

10:40~11:45 テープ判定と討論
テープ出所:国立国語研究所「日本語学習者会話データベース」
http://nknet.ninjal.ac.jp/kaiwa/)よりアメリカ人被験者の音声データ
(No.200)を利用した。(データ選出:後藤先生、司会:小島)

今回は参加者6名がそれぞれ出した判定結果と判定理由を発表し、それを
もとに全員で議論をするという方法を取った。6名の判定と理由は以下の通り。

・中級-上/中級タスクOK、上級タスクは一部OK(国際化や戦争について
説明する部分はできていた。一方、最後まできちんと答えられな
い(話せない)部分も見られた。

・中級-中or上/(上級のタスクである)料理の手順やバレーボールのルール
        を詳しく説明することができていなかった。

・中級-上/料理の手順について説明しているが、文レベルだった。他の部分
      では段落ができている部分もあった。 抽象的な質問に対しては
対応できていなかった。

・上級-下/料理、バレーボールの説明は何とかできていた。超級レベルの
      質問に対する答えは、よくわからなかった。

・中級-上/文レベルOK。上級のつきあげで挫折していた。EBM(アメリカ
      音楽)の説明はできていなかった。

・中級-上/全体的には段落で話せているように聞こえるが、得意な分野と思わ
      れる音楽の説明ができていないなど挫折が見られた。そのため上級
      は維持していないと判定した。

データベースに示された判定は「中級-上」であった。判定理由は書かれていな
いが、おそらく私たちが議論した内容にある「上級のタスクを維持しきれずに
中級に落ちてしまった」という結論に達したと推測される。


12:00~12:30 報告と連絡事項(司会:迫田亜希子先生)
(1)韓国日本語学会の分科会(2018年3月24日)にて韓国OPI研究会主催の
デモンストレーション・ロールプレイ体験・研究発表を行った。

(2)2018年度の研究助成プロジェクトとして以下1件の研究を採用した。
     小島堅嗣・山中峰央・後藤歩
     「OPIの主要レベルにおける判定差異の要因-3名のテスターによる
判定結果の比較-」
     →小島が研究の要点を発表した後、参加者全員の承認を得た。

(3)2017-2018年度会計報告
     →報告後、参加者全員の承認を得た。
(4)2018年度12月の韓国日語教育学会にて、分科会発表の打診を受けて
     いる。詳細が決定し次第、MLおよびHPで発表する。

(5)2019年度夏にOPIワークショップを開催予定
     →詳細が決定し次第、MLおよびHPで発表する。

今回は少人数ながらも、音声データの判定について多くの意見交換をすること
ができて有益でした。このように継続してOPIに接しながら意見交換をすること
で判定の質が維持できると、改めて感じました。

次回も様々な趣向を考えて、会員の皆様にとって魅力ある活動をしていきたいと
思っております。今年度もよろしくお願い致します。   <文責:小島>
  


Posted by J-OPI-K at 17:07Comments(2)定例会

2017年02月02日

2016年 第4回定例会報告書

日程:2016年11月26日(土)10:30~13:00(10:15 受付開始)
場所:ハナ多文化センター タリン(多隣)

内容:

10:30~11:25 役員卒業の挨拶(及川ひろ絵先生)

 2014年から韓国OPI研究会の役員として活動してきた及川先生が、今年いっぱいで役員を卒業することになり、ご挨拶をいただいた。
2016年8月に開催されたワークショップでは、会計スタッフとしてご尽力くださり、ありがとうございました。2年間お疲れ様でした。


10:50~11:50 発表「再考:学習者の発話を引き出す対話型アセスメントの魅力」(川口慶子先生)

 今回のご発表では、まず、ご自身の研究で使用なさっているOBC(Oral Proficiency Assessment for Bilingual Children)をご紹介いただいた。OBCは、幼児用のOPIで、カードを使用した1対1のインタビューである。OPIと違い、質問内容や構成が決まっているのが特徴で、①導入会話、②語彙チェック、③基礎タスク、④対話タスク、⑤認知タスクという5段階で構成されているという。
 また、OBC及びOPIを通して、学習者の効果的な発話抽出の方法を再考した結果、『聞く力』と『聴く力』が重要であるという気づきを得たという。具体的に『聞く力』とは、(1)「質問の型」を意識する、(2)「レベル」を意識した質問をする、(3)「会話を紡ぐ」ような質問をする、といった「質問力」を身につけることだという。また、『聴く力』として、(1)相手の話に関心を示す、(2)インタビュアーがしゃべりすぎない、(3)わからない振りをする、(4)「沈黙」の意味を考える、という4点を挙げ、学習者の話をじっくり聴く姿勢が重要であることが確認された。
 そして、OBCやOPIといった対話型アセスメントは、学習者が満足感やいい意味での挫折感を味わう経験となり、学習のモチベーション向上へと繋がる絶好の機会だということが再確認された。


12:05~12:55 テープ判定と討論

テープ提供:後藤歩さん(13期生)
司会:迫田亜希子先生

 現在テスター取得中の13期生・後藤歩さんが提供してくださったテープを一本聞き、レベル判定とその根拠、インタビュアーの質問の仕方や構成についてのアドバイス等について各グループで話し合った。
 その結果、すべてのグループで「中-中」ではないかという判定結果であった。その根拠として、文レベルでは話せているが、段落の発話が少ししか見られなかったという点、身近な話題についての発話に終始している点などが挙げられた。インタビュアーへのアドバイスとして、「上級質問を明確に提示した方がいい」、「身近な話題だけでなく、社会的、抽象的な話題も入れるべき」といった意見が挙げられた。インタビュアーご自身の判定は、「中-上」ということだったので、判定結果に多少ずれが生じてしまったが、これは、上述のように、上級タスクが不十分で、上限を見極めるのに材料不足だったためだと考えられる。


12:55~13:10 OPI研究会 助成金制度の説明(小島堅嗣先生)

 来年度から助成金制度が開始することとなり、今回は「研究プロジェクト助成規約」の紹介が行われた。2/20頃までに研究助成申請の受付及び審査、2月末に審査完了、助成研究決定、3月初旬に研究助成費の支給を予定している。

<文責:永田沙織>  


Posted by J-OPI-K at 21:21Comments(0)定例会
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
オーナーへメッセージ
インフォメーション