2014年12月16日

韓国OPI研究会 2014年第4回定例会のご案内

2014年第4回定例会

日時:12月20日(土)10:30-13:15(10:15より受付開始)

場所:時事日本語学院 TESTMATE 201号

内容:
10:30-10:45 新しいテスター取得の流れ、12期生の疑問点とトレーナからの回答
10:45-11:45 テープ判定 (三浦トレーナーとの3者インタビューを利用して)
11:45-12:00 休憩
12:00-13:00 グループアクティビティ「上級レベルの発話を引き出す効果的な質問の仕方とは?」
13:00-13:15 OPIシンポジウムのお知らせなど

~~~~定例会終了後、お食事会を予定しております~~~~~
        


Posted by J-OPI-K at 07:55Comments(0)定例会

2014年10月25日

2014年第3回定例会報告書

2014年度 第3回 定例会 報告

日程:2014年10月11日(土)14:00~17:00(13:45受付開始)

場所:時事日本語学院 本館 301号

参加者:12名

内容:
①14:00-14:15 臨時総会
臨時総会が開かれ、運営委員に関して会員からの承認を得た。そこで、現運営委員はあと1年そのまま継続、そして新たに12期生より及川ひろ絵さんと永田沙織さんの2名の運営委員が紹介された。

②14:15-16:00 テープ判定と討論  『フロア固めを考えよう!(グループワーク)』
                 テープ提供 永田沙織さん(12期生)
                      司会:木田佳与子先生
 永田沙織さんがテスター取得のために提出した練習ラウンド用のテープ。今回は、「フロア固めを考えよう!~シーリング察知の感覚を磨こう~」というプリントを準備し、そのプリント内容にそってグループで、フロア固めとシーリング、データの判定、判定の根拠、効果的なインタビューのためのアドバイスなどについて討論した。結果、判定は「中-中」と「中-下」で意見が分かれた。 聞いてもいないのに自分が話したい話をするタイプの被験者であったため、たくさん話はしていて複文で話はしているが、まとまっておらず上級のタスクである説明・描写が充分ではないことが判定の根拠として挙げられた。効果的なインタビューのためのアドバイスとしては、ウォームアップをもっと充分にすること、また質問内容が偏っていたため、もっと出てきたトピックかららせん状に話題をつなげていくことが指摘された。また、ロールプレイ(ホテルのフロントでの質問)をする場合は、テスター側もその場面にそった言語を使うこと(ここでは、お客様に対する敬語など)を改めて確認した。会員の皆さんから、たくさんの質問や助言を受けながら討論が進み、テスター取得に向けて勉強している12期生の参加者の皆さんにとっても大変有意義な内容であったと思う。

③ 16:10-17:00 新しいトリプルパンチの復習と練習 司会:迫田亜希子先生
 まず、これまでのトリプルパンチとの違いについて確認が行われた。大きく変わったところは以下の3点である。まず、意見→反論→仮説のトリプルパンチの前に、プレリュードと呼ばれるプロセスが追加されたこと。そして意見を聞く場合は賛成と反対のどちらを支持するのか問うこと。そして、仮説の部分は、「もしあなたが○○だったら・・・」という質問ではなく、話題に関する将来の展望や方向性を問うということである。また、「上-下」ではトリプルパンチは1回、「上-中」以上はトリプルパンチを2回(うち1つは専門分野、1つは専門外)行うことも確認された。その後、グループで先ほどのテープの内容からトリプルパンチの例を考えて発表した。やはり、仮説の質問を考えるところが一番難しいようで、この部分に関してはさらに練習が必要だと感じた。これからも定例会でトリプルパンチの練習を取り入れていくつもりだ。
   
<文責 川口慶子>  


Posted by J-OPI-K at 11:55Comments(0)定例会

2014年03月04日

韓国OPI研究会 2013年度特別定例会報告

日時: 2013年12月21日(土)13:30~17:30

場所: 時事日本語学院(チョン路) TESTMATE302号

参加者: 15名

◆内容
1. 13:30~14:00  2013年OPI国際シンポジウムの報告 
 ご報告: 鎌田修先生 (司会討論: 川口慶子先生)(先生方の紹介: 迫田亜希子)

2013年11月2日(土)~3日(日)に香港で開催された、第9回OPI国際シンポジウムのご報告を伺った。2012年のACTFLのガイドラインにおいて、新しいレベル(Distinguished)が提示されたこと、また、下位レベルを判定する際に「維持(sustain)」が関わっているが、上位レベルにおいて、そのレベルを「維持すること」の見極めの難しさについてお話しいただいた。

2. 14:00~15:10 テープ判定①
 テープ提供者:宮田麻美先生(11期生) (司会討論: 木田佳与子先生)

11期生の宮田麻美先生が練習ラウンドで行ったインタビューテープ。トレーナーには未提出のもので、韓国の学習者のテープだった。今回は、南山大学の3人の先生方にも話し合いに参加していただき、レベル判定、判定の根拠、インタビューの内容についてグループに分かれて話し合った。レベル判定では、「上-中」という意見が多かったが、「上-中」と「上-下」の間で迷ったという意見もあった。発話量はあり、上級レベルは維持できているものの、まとまって話せていない、個人的な話で終わっているという点から、上級でも上の方のレベルではないという意見で一致した。最終的には「上-中」という判定になった。しかし、超級レベルの質問が少なく、超級の質問も少し漠然としていて上限が見えにくかったという意見があり、レベル判定の後に、このインタビューから考えられる超級の質問についてグループごとに話し合い、意見を出し合った。トレーナーの鎌田先生からは、漠然とした質問ではなく、しっかり文脈を作って、焦点化させた上で質問すること、そしてロールプレイではなるべく被験者の状況に近いテーマのものを選ぶことについてアドバイスをいただいた。

3. 15:30~16:40 テープ判定②
 テープ提供者:早矢仕智子先生(5期生) (司会討論:木田佳与子先生)

 5期生の早矢仕智子先生が提出してくださったインタビューテープ。トレーナーには未提出のもので、韓国の学習者のテープだった。レベル判定では、「中級-上」、上級の中のどこかのレベルであろうという意見になり、下限と上限がはっきり確定できなかった。しかし、インタビューの被験者は、発音や音声面では優れているものの、発話量が極端に少なく短かったということで、最終的には「中-上」という判定になった。この被験者は男子学生で、あまり話さないタイプの被験者であったが、このような場合、身近な話題について話させ、答えやすいものについて質問すること、緊張させすぎず、被験者とテスターの距離を縮めて良い状態を保ち、しっかり情報を得るようにインタビューを行った方が良いというご助言をいただいた。また、インタビューが「質問-答え」のやりとりが続いていたことから、「質問-答え-リマーク(コメント)」という流れにすると、より自然なインタビューになるのではないかというご意見もいただいた。

4. 16:40~17:20 科研プロジェクトに関する説明     
 ご説明: 鎌田修先生、坂本正先生、六川雅彦先生

 鎌田先生が代表で行われる科研のプロジェクトに関する研究目的、研究体制、研究内容等について、配布資料、パワーポイントに沿ってご説明いただいた。また、科研プロジェクトに関する質疑応答も行われた。

(文責: 迫田亜希子)
  


Posted by J-OPI-K at 11:24Comments(0)定例会

2013年12月14日

特別定例会のご案内

特別定例会のご案内をいたします。

2014年6月に、ACTFL-OPI試験官養成第12回ソウル・ワークショップ開催を予定しております。
参加申請に関しましては、OPIを少しでも理解している韓国OPI研究会会員を優先に募集を行い、
その後外部へインフォメーションを行います(先着順、定員10名)。

このたび、6月のワークショップのトレーナーでいらっしゃる鎌田修先生をはじめ、
南山大学より坂本正先生、六川雅彦先生がソウルにお越しになり、定例会にご参加していただくことになりました。
来年のOPIテスターワークショップにご興味のある方、またOPIについて少し触れてみたい方、
教室に少々余裕がありますので、是非この機会に定例会にご参加ください。

なお、定例会終了後は、参加者と先生方との懇親会を予定しておりますので、ご参加くださいませ。


◆日時:2013年12月21日(土)13時30分~17時30分(受付13:15~)
◆場所:時事日本語学院 TESTMATE 302号室
◆対象:韓国OPI研究会会員(初回の参加は無料)
◆内容:
13:30~14:00 挨拶 ゲストの先生方の紹介
       香港シンポジウムの報告/OPIの新しい動向など(鎌田修トレーナー)
14:00~15:00 テープ判定&討論
15:00~15:20 休憩
15:20~16:15 テープ判定&討論
16:15~17:15 科研のプロジェクトに関する説明
17:30~    懇親会


参加ご希望の方は、以下のフォームに従って、15日(日)までに
以下のアドレスにご連絡ください。


◆申し込み:川口 慶子  keikochan922@hotmail.com

定例会   :参加/不参加
懇親会   :参加/不参加
お名前   :
ご連絡先(HP):  


Posted by J-OPI-K at 11:21Comments(0)定例会

2013年04月14日

2013年第1回定例会報告

韓国OPI研究会 2013年第1回定例会報告

日時:2013年3月30日(土)14:00~16:45(受付 13:45~)

場所:時事日本語学院(鍾路) TESTMATE 201号室

参加者:13名

内容
1.14:00~14:15 第11回ワークショップ、ブラッシュアップセッション等の報告
 2012年12月21日~24日に行われた第11回ワークショップの報告、12月20日に行われたブラッシュアップセッションおよび一般向けOPI講座の報告が行われた。

2.14:15~15;15 OPI判定と討論
 テープ提供:渡邊あゆみ先生(11期生)(司会討論:木田佳与子先生)

 11期生の渡邊あゆみ先生が2012年のワークショップ後、テスター習得のために初めて行ったインタビューテープ。トレーナーには未提出のもので、日本の日本語学校に通う中国語母語話者のテープだった。3~4人のグループでレベル判定を行い、判定の根拠、インタビューの内容等について討論を行った。判定は、「中-中」という意見が一番多かったが、「中-上」「中-下」という意見もあり、中級レベルの間で意見が分かれた。文単位では何とか話せているものの、段落では話せないこと、テスターの質問が十分聞き取れておらず、話のやりとりに障害が生じた部分が見られたこと、上級以上の質問で挫折が見られたことなどから、中級レベルであろうという部分では意見が一致した。しかし、中級の下位レベルの部分において意見が分かれ、はっきり断定出来なかったことの原因として、上級レベルの質問が多く、中級固めが十分出来ていなかったことが指摘された。この被験者は、流暢に話すことは出来ないものの、発話量が多く、とても積極的であった。このような被験者の場合、発話量や相手の積極性から、上のレベルであると錯覚して突き上げに集中してしまいがちだが、下限がどこにあるのかを見極めるための質問の必要性を再確認した。

3.15:30~16:45 昨年度の会計報告、活動報告および今年度の活動予定
  コーパス作成&研究活動プロジェクトの提案と話し合い

 昨年度の会計報告と活動報告、また今年度の活動予定についての報告があった。また、韓国OPI研究会でのコーパス作成および研究活動プロジェクトについての提案があった。主に、研究チームや研究テーマの方向性、コーパス作成に伴うテープの条件や必要なテープの本数、文字起こしの方法やコーパスの書式、コーパス公開の是非などについて、参加者の間で意見が交わされた。

(文責 迫田亜希子)  


Posted by J-OPI-K at 18:23Comments(0)定例会
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
オーナーへメッセージ
インフォメーション