2019年08月29日

第14回ACTFL-OPI試験官養成ワークショップ報告

第14回ACTFL-OPI試験官養成ソウルワークショップ報告

日時:2019年8月21日(水)~24日(土) 9:00~18:00(最終日は17:00まで)

会場:ハナ銀行多文化センター「多隣」

主催:韓国OPI研究会

講師:嶋田和子トレーナー(一般社団法人アクラス日本語研究所)

参加者:10名

第14回ACTFL-OPI試験官養成ソウルワークショップが無事に終了しました(今回から修了証は手渡しではなく、電子データで別途受講生に送付されることになっています)。

3回目の招聘となった嶋田和子トレーナーが、今回も厳しくも温かく指導をしてくださいました。そのため参加者たちも最初はとまどいや緊張があったようでしたが、だんだんと積極的に質問や意見交換をするようになり、OPIの被験者に対するインタビュー練習もだんだんと楽しめるようになったようです。

今回参加してくださった10名(日本人8名、韓国人2名)は「OPIを授業に活かしてみたい」「会話試験の客観的な評価方法が知りたい」という明確な目的をお持ちだったので、嶋田トレーナーの一言一言を丁寧に受け止めながら非常に興味深く聞いていて、それぞれに大きな収穫を得たようです。

今回のワークショップにおける大きなポイントは2つありました。1つめは「質問に関しては易→難へスパイラル(らせん状)にあげていくこと」、2つめは「判定に関しては被験者が全体としてできていることを見ること。一部の挫折を判定の材料にしてはいけないこと。」です。参加者は最初はこの2点を理解し(自らインタビューをして)実践することに苦労していましたが、ワークショップの4日間を通して徐々に自分のものにしていました。

4日間のワークショップを通じて参加者相互の絆も強いものになりました。さらに4人の運営委員や運営委員以外の先生方にも多くの協力をいただき、研究会全体としての絆も強くなったことを実感しました。最終日に全員が口々に宣言していた「これからが始まりだ。」という言葉を胸に、これからもOPIの仲間を大事にしながらテスター取得まで一緒に頑張ってほしいと思います。

*各参加者のワークショップ体験記については、HP上の「参加者の声」に掲載予定です。

2018年8月29日 文責 小島堅嗣
  


Posted by J-OPI-K at 08:29Comments(0)
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
オーナーへメッセージ
インフォメーション