2009年04月14日

韓国OPI研究会 2009年度第1回定例会報告


日時:2009年4月11日(土)10:15~12:30(受付 10:00~)

場所:時事日本語学院 Testmate 404号室

参加者:(会員)18名
     (見学) 3名 ※うち3名新会員登録              合計21名

【定例会内容】

1.10:15~11:10 テープ判定と討論①
            (テープ提供:8期生金周衍先生)
            (討論司会:峯﨑知子)
金周衍先生がテスター資格取得のために提出したテープ。判定が明らかになっているもの(牧野成一トレーナー承認済)。全員で判定を行なう。参加者の判定は「中級の下」と「初級の上」に別れたが、金先生、牧野トレーナーとも判定は「初級の上」であった。テキストの型について、「初級」は単語レベル、「中級」は文レベルという基準があるが、「初級の上」でも文が発話されることを確認した。「初級の上」と「中級の下」という判断が難しいテープのよい判定例になった。

2.11:10~11:20 休憩

3.11:20~12:15 テープ判定と討論②
            (テープ提供:米澤史織先生〈日本で取得〉)
            (討論司会:迫田亜希子先生)
米澤史織先生がテスター資格取得のために提出したテープ。判定が明らかになっているもの(鎌田修トレーナー承認済)。全員で判定を行う。有資格者、未資格者共、ほとんどが「超級」と「上級の上」に二分され、出席者では「上級の上」が多かったが、認定された判定は「超級」であった。それぞれの判定根拠を聞きながら、「超級」と「上級」の判定基準について確認を行なう。質問も含めた抽象性の問題、ロールプレイでの被験者の話の進め方やインフォーマルとフォーマルの出方の問題などについて話された。使用されたロールプレイが友人の母を相手にする〈交渉〉であったが、〈交渉〉は超級レベルにおいても難しいタスクである。昨年度から研究会で検討されている「超級」を判定しうる適切なロールカードについての開発が重要であると思われた。また、日ごろは韓国人の被験者がほとんどになる韓国OPI研究会において、中国人被験者の貴重なテープを聞かせていただいた。

4.12:15~12:30 総会
・2008年度活動報告(早矢仕智子)
・2009年度活動計画(早矢仕智子)
・2008年度会計報告(迫田亜希子)

文責 早矢仕智子



同じカテゴリー(定例会)の記事
 2020年度 第3回定例会のご案内 (2020-10-27 17:43)
 2020年度 第2回定例会報告 (2020-06-25 09:56)
 2019年 韓国OPI研究会 第3回定例会報告 (2019-09-29 13:58)
 2018年第3回定例会報告書 (2018-09-16 16:20)
 2018年第1回定例会報告書 (2018-04-08 17:07)
 2016年 第4回定例会報告書 (2017-02-02 21:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
オーナーへメッセージ
インフォメーション
削除
韓国OPI研究会 2009年度第1回定例会報告
    コメント(0)