2008年02月15日

第6回ソウルワークショップの報告

第6回韓国OPIワークショップを終えて


鎌田トレーナー、南山大学の学部及び大学院の入試シーズンの多忙な合い間を縫ってお越しくださり、また、ワークショップだけでなく、セミナーまでお引き受けくださって、本当にありがとうございました。

受講生のみなさん、大変お疲れ様でした。4日間、朝9時半から6時過ぎまで大変だったことと思います。 特に、OPIの実習は一巡目は気楽にやれますが、二巡目になると、緊張してかえってうまくいかなかったのではないでしょうか。また、他の人がやっているのを見ると、「こうしたらいいのに」とかすぐわかるのですが、いざ自分がやってみると、「なにがなんだかわからないうちに終わってしまった!」んではないでしょうか。大丈夫です。みんなそうですし、経験がありますから。

また、時事の金理事、朴さん、大変お世話おかけしました。テスターの泉さん、早矢仕さん、永谷さん、浅岡さん、ご協力ありがとうございました。九州男児の三原さん、鎌田先生とお酒を競い合ってくださってありがとうございました。最後に、機材担当の相澤さん、会計担当の峯崎さん、準備から後片付けまで、最初から最後までありがとうございました。

さて、無事に終えることができましたが、やはり一番苦労したのは被験者集めでした。韓国の学習者は中級と上級はたくさん存在しますが、超級ともなると、まず超級の方はお忙しくて遊んでいません(!)から、被験者としてお呼びするのが失礼でもあり、また時間的にも難しいです。また、初級は高校生ならいますが彼らは勉強に忙しく、大学生の初級は本人が日本語で話すことに自信がないわけですから、しりごみしてしまいます。私も超級と初級に何人も逃げられました!

これから、受講生のみなさんはテープ提出に向けて大変だと思いますが、我々スタッフができるかぎりケアしていくつもりですので、どうか途中であきらめないでください。

また、今回は韓国人の受講生が3人もいらっしゃいます。韓国におけるOPIは日本語母語話者の特権ではありませんし、将来のOPI発展に向けては韓国人のテスターのご協力が必須になると思います。

いろいろと足りない面がありましたが、ご理解いただきありがとうございました。この場をかりて、関係者全員に今一度お礼申し上げます。(2006.2.22 奥山洋子)


同じカテゴリー(ソウルワークショップ)の記事
 第11回ACTFL-OPI試験官養成ソウルワークショップ報告 (2012-12-28 21:28)
 第10回ACTFLOPI試験官養成ソウルワークショップ報告 (2011-01-07 13:54)
 第9回ソウルワークショップの報告 (2008-12-24 23:11)
 ACTFLOPI試験官養成第9回ソウルワークショップ申込終了 (2008-07-23 20:53)
 ACTFL-OPI試験官養成第9回ソウル・ワークショップ開催 (2008-07-19 14:19)
 第8回ソウルワークショップの報告 (2008-02-15 21:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ
インフォメーション
削除
第6回ソウルワークショップの報告
    コメント(0)