2008年02月15日

第7回ソウルワークショップの報告

韓国OPI研究会主催 第7期ワークショップを終えて


去る2007年1月25日(木)から28日(日)の4日間にわたり、 時事日本語学院江南キャンパス401号室にて、 文化女子大学の齊藤眞理子先生をトレーナーとしてお招きして、 韓国OPI研究会主催 第7期ワークショップを開催しました。

齊藤眞理子先生、日本での激務の間を縫って、韓国までお越しくださり本当にありがとうございました。4日間の最初から最後まで、懇切丁寧なご指導に心から感謝しております。

受講者の皆様、お疲れ様でした。今回はソウル以外の地域からの参加者が多く、宿泊等の手配が大変だったのではないでしょうか。

また、時事日本語社の金照雄理事、朴シンソック課長、冬休みで教室が足りないときに、一番大きな教室をお借りしたいなどというわがままを聞き届けてくださいまして、本当にありがとうございました。

会員の方たち数名にもボランティアとして被験者集めからトレーナーとの夕食の手配、会場の雑用まで協力していただきました。この場を借りてもう一度お礼申し上げます。

最後に、運営委員のみなさん、このチームでは2回目ということで、去年よりちょっぴり余裕?はありましたが、やはりWSは大仕事ですよね。大きな問題もなく乗り切ることができましたのは、みなさんのチームワークのおかげです。

ところで、やはり一番苦労したのは被験者集めだったと思います。でも、今年は去年のノウハウを生かし、初級の中レベルから超級レベルまで、また、女性に偏ることなく、集めることができました。ただ、最終日に中級もいた方がよかったとご帰国後齊藤トレーナーからコメントをいただきました。これはホストマニュアル(英文)に書いてあることを読み直していて、開始直前日に気づいた私のミス(気づくのが遅すぎました!)ですので、この場をかりてお詫びします。

これから、受講生のみなさんはテープ提出に向けて大変だと思いますが、勉強会などを通じてできるかぎりサポートしていくつもりですので、困難な目にあっても、途中であきらめないでください。我々スタッフがついていますので!

また、今回は6期の3人につづき、韓国人の受講生が2人いらっしゃいました。日本語母語話者には気づかないような指摘もあり、大変勉強になりました。

いろいろと足りない面がありましたが、ご理解いただきありがとうございました。この場をかりて、関係者全員に今一度お礼申し上げます。

2007年2月9日
文責 奥山洋子



同じカテゴリー(ソウルワークショップ)の記事
 第11回ACTFL-OPI試験官養成ソウルワークショップ報告 (2012-12-28 21:28)
 第10回ACTFLOPI試験官養成ソウルワークショップ報告 (2011-01-07 13:54)
 第9回ソウルワークショップの報告 (2008-12-24 23:11)
 ACTFLOPI試験官養成第9回ソウルワークショップ申込終了 (2008-07-23 20:53)
 ACTFL-OPI試験官養成第9回ソウル・ワークショップ開催 (2008-07-19 14:19)
 第8回ソウルワークショップの報告 (2008-02-15 21:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ
インフォメーション
削除
第7回ソウルワークショップの報告
    コメント(0)